RangerBoatsの歴史

レンジャーボートジャパン/バスボートジャパンは、ここ日本におけるレンジャーボートの歴史とノウハウを引き継いでいます。引き継いだノウハウを商品化し、お客様に安心してご使用いただけるバスボートをご提供いたします。

ここ日本におけるRANGER BOATSの歴史は1987年にさかのぼる。
我々BASS BOATS JAPANが引き継いでいるRANGER BOATS社の正規輸入代理店としてのライセンスは、日本のバスボートのパイオニア、ANGLER’S SHOP P社から引き継いだものである。
ANGLER’S SHOP P社の歴史は日本のバスボートの歴史だといっても過言ではない。
まずはANGLER’S SHOP P社とバスボートとの関わりについてご紹介しよう。


ANGLER’S SHOP P社の歴史
ルアーとボートの提案 バスフィッシングのおもしろさを人に伝える為1981年P社が産声を上げる。
創業当初より、本場アメリカよりカヌーやアルミボートを輸入販売していたが、アメリカの雑誌で見るスーパーカーのようなバスボートを日本に浮かべたくなったP社はスキーターを初輸入。
その後、米国のトップブランドであるRANGER BOATSを琵琶湖に浮かべたくなったP社はRANGER BOATSの門をたたく。

ここから日本のBASS BOATSの歴史が始まる。
当時よりアメリカBASS BOATSブランドは数多くあった。皮肉にも日本国内においてP社で販売したSKEETERが既に存在していたので、さらなる走破性、安定性、ハイクオリティーで、釣りのしやすさに定評があったRANGER BOATSの輸入を目指す。
アメリカの中央部に位置するRANGER BOATS社までの道のりは遠く、三度訪問するも門前払い。その後、アメリカ西海岸の正規輸入代理店を通して購入するようになる。
1987年からはRANGER社の認める正規輸入代理店になり、1990年には日本国内で販売登録NO.1のバスボートがRANGER BOATSになる。下野プロ、今江プロをはじめ日本の多くのバスプロにも支えられ不動の地位を築いてきた。1987年に正規輸入代理店となって以来28年間、日本ではRANGER BOATSの後に続けと、多くのバスボートが輸入販売されてきたが、P社が日本のバスボート業界を牽引し、歴史を作ってきたといっても過言ではない。


そして時代は新たな1ページへ
BASS BOATS JAPANはその実績とノウハウを引き継ぎ、歴史的責任をしっかりと自覚しながら、新しいBASS BOATSの歴史を切り開いていこうと思う。