RangerBoatsの特徴

バスボートはバスフィッシングをするためのボート

「バスボートに乗って湖に出る至福の時」フィッシングに行く前からワクワクし心が躍る。バスフィッシングは最高の遊びです。もちろんバスボートに乗って、走らせて遊ぶのもたまらなく楽しい。
しかし、忘れてはならないのが、バスボートを購入した目的はバスフィッシングを楽しむためであるはず。実際の釣行において、釣りをする時間こそが一番長い。バスボートのステアリングを握って走行する時間よりもバスフィッシングをしている時間こそが圧倒的に長く、本来バスボートに一番求めるべきものは、いかに快適にフィッングができるか?フィッシングに適しているかであるはずです。

快適なフィッシング=バスボートの静止安定性

静止時の横揺れ(ローリング)が少ない。、後ろ重心でなく水平な静止姿勢を保つ。この二点を兼ね備えたボートこそ釣りのしやすいボートだといえます。風のない湖面ではエレクトリックモーターの操作がしやすく扱いやすい。しかしこんな状況にはめったに恵まれません。逆に風が出た湖面はどうか?答えは簡単、流されにくく、煩雑にエレクトリックモーター操作を必要としないボートであるほうが、間違いなくアングラーを助けてくれる。
「バスフィッシングが一段と上達するボート」、静止安定性能に一番すぐれたレンジャーボートは大自然を相手にするバスアングラーにとって大きなアドバンテージとなります。

バスボートに必要な静止安定性能と走行性能

バスボートメーカーは、この二つの性能をうまく両立させるために研究を重ねて、ハル(船底)デザインを設計しています。しかし、皮肉なことに、この二つの性能は「相反する性能」です。例えば、走行性能の優れたバスボートは、荒れた水面の波を切って走行するためにハルのVの角度が大きくなっています。Vの角度が大きいということは静止時の横揺れ(ローリング)に弱く、静止安定性能が劣るバスボートということになります。また、高速走行のために重心が後ろ側(スターン側)にあるバスボートは、静止時に前側(バウ側)が上がってしまい水平
な静止姿勢とはなりません。バスボートメーカーは、この「相反する性能」において、どちらかの性能向上を重視しどちらかの性能低下を補うといった努力を常に行っています。つまり、言い換えればメーカーによって走行性能に優れたバスボート・静止安定性能に優れたバスボート・両方を半分ずつ持ち合わせた中間のバスボートと大きく分類されます。

レンジャーボートは豊富な経験と独自のノウハウにより、当然その相反する性能を高い次元でクリアーしているバスボートです。


最良のバスボートと出会い、あなたのバスフィッシングライフが大きく膨らんでいくことを「レンジャーボート」のオーナーになっていることを心より願います。